コラム

「働き方改革関連法」の施行

労務

 2019年4月1日より「働き方改革関連法」が順次施行されます。
 現在、日本は「労働人口減少による労働力の不足」や「育児・介護との両立」など働き方の見直しが求められています。「働き方改革」は、こうした状況の解決のため、働く方の置かれた個々の事情に応じた多様な働き方を選択できるようにし、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。ポイントは次のとおりです。

詳細を見る

交通機関運休による休業への対応

労務

 今年は自然災害等の影響もあり、交通機関の運休による休業を強いられた企業が少なくなかったのではないでしょうか?また、このような場合、出勤しなかった時間に対して企業は給与を支給しなければいけないのでしょうか?

詳細を見る

外国人の雇用ルール

労務

 人手不足が深刻化する中、外国人労働者の受け入れが拡大されています。特に都市部では外国人が働く姿がよく見られるようになりましたが、外国人を雇用するにあたっては守らなければいけないルールがあります。

詳細を見る

障害者の法定雇用率

労務

 平成30年4月より障害者雇用率の算定基礎に、身体障害者と知的障害者に加え精神障害者も含めることとなりました。これにより民間企業における障害者の法定雇用率は、現在の2.0%から2.2%引き上げられ、従業員数45.5人(従来は50人)以上の企業は、少なくとも1名障害者を雇用しなければいけなくなりました。

詳細を見る

無期転換ルール

労務

 平成25年4月1日に労働契約法が改正され、有期雇用労働者に対する「無期転換ルール」が導入されましたが、改正からまもなく5年が経過しますので、いよいよ「無期」への転換申込権が発生することになります。

詳細を見る