コラム

マイナンバーによる情報連携

NEW 労務

 マイナンバーによる情報連携と、各行政機関が保有する特定個人情報の内容などが個人ごとに記録されているポータルサイト「マイナポータル」の本格運用が2017年11月13日から開始されました。

詳細を見る

取引相場のない株式の評価方法の改正

税務

 平成29年度の税制改正により平成29年1月1日以後に発生した相続又は贈与に係る取引相場のない株式の評価方法が改正されました。取引相場のない株式の評価方法は「原則的評価方式」と「特例的な評価方式」の大きく2点に区分され、それぞれ下記の評価方法が採用されております。

詳細を見る

医療費控除に関する添付書類の見直し

税務

 平成29年度税制改正により、医療費控除を受けた確定申告書を提出する際に申告書に添付していた医療費の領収書は、「医療費控除の明細書」を確定申告書に添付することにより提出が不要となりました。また、医療保険者から交付を受けた医療費通知書を添付すると明細の記入を省略することができます。ただし、医療費の領収書は、税務署長から提示又は提出を求められたときに対応できるように5年間は保管する必要があります。

詳細を見る

法人化による節税メリット

税務

 年間所得が〇〇万円を超えたら法人化を検討したほうが良いという話を耳にしたことがあると思いますが、今回は、なぜ一定水準以上の所得がある個人事業主は法人化を行うことによって節税のメリットがあるのかについて説明します。

詳細を見る

国税関係帳簿書類のスキャナ保存について

税務

 スキャナ保存制度は、取引の相手先から受け取った請求書等および自己が作成したこれらの写し等の国税関係書類について、税務署長等の承認を受けた場合、書面による保存に代えて一定の要件の下でスキャン文書による保存が認められる制度です。納税者の国税関係帳簿書類の保存に係る負担の軽減等を図るために、その電磁的記録等による保存等を容認しようとするもので、平成17年度の税制改正により創設され、平成27年度と平成28年度の税制改正により一部改正が行われてきました。

詳細を見る